観光情報

観瀾亭

『月の光に照らされた波を観る』

政宗公が豊臣秀吉からもらい受けた伏見桃山城の茶室を、二代藩主忠宗公が原形のまま海路にて松島へ移築した歴代藩主の月見御殿。
松島湾を眺めながら抹茶を飲むことが出来る絶好のスポット。
観瀾亭の柱と柱の間から松島湾を眺めることによって、額縁のある「絵画」のように楽しむのも趣がある。
観瀾亭敷地内には松島博物館も併設されており松島の歴史が学べる。
他にも宮城県内のケヤキの中で「横綱」とされている大ケヤキや、松島町出身の作詞家青木在義が作った「どんぐりころころ」の碑があり、さらに瑞巌寺に親株を持つラン科の「石斛」の販売を行っている。
(写真は紅葉時の観瀾亭)
※「どんぐりころころ」の幻の3番が記された碑は松島第五小学校にあります。

◆見学時間/4〜10月 8:30〜17:00、11〜3月 8:30〜16:30
◆見学料/大人200円 高・大生150円 小人100円 ※抹茶(お菓子付)は各+400円
◆交通アクセス/JR仙石線松島海岸駅より徒歩約8分 

◎紅葉見頃情報/11月中下旬

アクセス

住所 〒 宮城県松島町松島字町内56
電話番号 022-353-3355
営業時間 8:30〜17:00(4〜10月)、8:30〜16:30(11〜3月)
休業日 なし
URL https://www.matusima.info/html/masamune/kanran.html

近所の「オススメ」情報

宮城県南 宮城県北 福島 三陸 山形 岩手 仙台
むすび丸コーナー
むすび丸を使うには
宮城まるごと探訪
みやぎ観光NAVi!!
仙台まるごとパス
みやぎの女子旅Instagramコンテスト
スキー!トクトクプラン とっておきのお泊りプレゼント みやぎ雪遊館投稿キャンペーン

リンクのご案内

  • 関連おすすめサイト
  • JR東日本旅客鉄道株式会社
  • 宮城のプロスポーツサイト
  • 観光関連情報